社員教育研修サービス、接遇マナー教育はシーズプロへ

コンセプチュアルスキル

コンセプチュアルスキル

問題解決・ロジカルシンキング

問題解決のヒエラルキーにあてはめ、今ある目の前の問題がどの階層のものか整理し、それぞれにあった改善方法を思考します。
目に見えない問題を、俯瞰で捉え、体系化し、論理的に解決へ導きます。

ブレーンストーミング

限られた時間の中で、自分自身を否定せず、また仲間の意見を否定せず、自他を受容しながら発想の共有を行うことで、新たな発想を刺激し、相乗効果を生み出します。
たくさんの意見をグルーピングし、関連付け、最終的にテーマについての考えや課題を導き出します。
柔軟な思考の中で、相手を否定せずにコンセンサスを取りながらロジカルに問題を整理していくトレーニングです。

リーダーシップ

4つのリーダーシップのうち自分の傾向がどれに該当するか診断します。
まずは自分に向けてセルフリーダーシップを発揮すること。
そして目的達成のために、自己とチームをどのようにゴールに導くか、問題解決していくか、ロジカルに整理できるヒントをお伝えします。

プレゼンテーション

プレゼンテーションは一方通行のコミュニケーションではなく、双方向であることを理解します。
そして、プレゼンテーションとは「相手に思いを届けること」。
まず誰にプレゼンテーションするのか、思いを届ける対象を理解する。
話す時の自己演出、シナリオ演出、発声方法、話速、緩急、抑揚、話法、事例、アイコンタクト、ボディランゲージなどを効果的にプレゼンテーション(伝える)ことができるようトレーニングします。
また、質疑応答のための「聞く」「訊く」「聴く」の違いと、的確な回答の仕方を学びます。

研修プログラム

ファシリテーション

会議やディスカッションの場において、ファシリテーターとは、単なる司会進行ではなく、参加者全体に気づきを促し、全てを受容し、場の相互作用を促進する役割を担います。
会議やディスカッションの目的を達成するために、チームのプロセスを管理しますが、
進行側の意図するゴールに無理に導くことはしません。
主に質問力を使った気づきの促進を行います。
チームメンバーは受け身になることなく、能動的、自発的な考えから発言できます。

インストラクション

インストラクションとは、やって見せ、誰かにその方法を伝えること。
インストラクションでは完全なモデリングを実践することが大切です。
プレゼンテーション同様、まず誰に何をインストラクションするのか、そして伝える対象を理解することが求められます。
的確な表現と演出を行ない、シナリオを作成し、更に印象付けする方法を指導します。

モチベーション

労働における人の内発的動機に関わるモチベーションの核になるものは11種類あり、
それぞれが顕在意識もしくは潜在意識の中のどこかに存在します。
存在する位置は個別性が高く、且つ流動的です。
モチベーションが低下している時や、部下指導の際に有効なツールではあります。
よって、リーダーシップ研修ではこの知識を取り入れます。
但し原則、モチベーション研修というものを行うのではなく、様々な研修の中に取り入れ、都度、他者承認や自己承認が促進されるワークやフィードバック、個々の気づき、宣言効果などを意図して積極的に実施し、内発的動機が起こりやすくなる環境づくりを研修内で行います。

TEL 000-0000-0000

PAGETOP
Copyright © SEEDS PRO All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.