社員教育研修サービス、接遇マナー教育はシーズプロへ

コミュニケーション

コミュニケーション

傾聴スキルアップ

コミュニケーションスキルで最も難しいといわれる「聞く、聴く、訊く」スキルの習得言語と非言語スキルを様々駆使し、相手の潜在意識まで影響する。
話のきき方をロールプレイングで体得します。
信頼を得るための最強スキルです。

質問力アップ(コーチングスキル)

質問の仕方を工夫することにより、話し手(相手)本人でさえ気づいていなかった問題の本質を顕在化させることができます。
問題解決のきっかけになる質問スキルです。

チャンクダウン(思考や会話の体系的理解)

人は皆、「省略」「歪曲」「一般化」という行為をしながら会話をしています。
「省略」は、「きっとこれは言わなくてもわかるだろう」と言葉にすることを省略することによる相手との理解のギャップが発生する原因です。
「歪曲」は、A=Bでないものを、経験値から「きっとA=Bだ」と決めつけることです。
「一般化」は、「みんな」「いつも」「すぐ」などという曖昧表現にも人それぞれに受け止め方が異なります。
相手の話を聞いて、なんとなく理解できた気になるのではなく、内容を聞き洩らさないために、理解が曖昧な箇所を見つけたら更に深堀質問をして話を具体化し、聞き手と話し手の共通理解、一致を目指します。
クレームを防ぐビジネスコミュニケーションスキルでもあり、また、問題解決の近道でもあります。

リフレーミング(承認・肯定的置き換え・褒めの技術)

相手のネガティブな言葉や思考を、聞き手が肯定的な置き換えをして伝え返すことにより、相手(話し手)の感情がポジティブに変化する言葉かけのスキルです。
究極の接客トークとも言え、信頼度、好感度が格段にアップするテクニックです。

褒め方・叱り方

部下指導、新人教育ではフィードバックスキルといわれるものです。
具体的に褒める、具体的に指摘することにより、トレーナーとトレーニーが共に問題の共有を図ることができます。
また、褒め方・叱り方によっては、モチベーションにも影響があり、内発的動機や自発的・主体的行動へとつながります。

アンガーマネジメント

怒りは自然な感情であり、怒ってはいけないわけではありません。
怒るべきときは上手に怒る。
怒らなくても他の手段がある場合は怒らない。
怒りをコントロールすることで、人間関係も楽になり、生きやすくなります。
メンタルヘルスやセルフマネジメントにも有効です。

アサーション(アサーティブコミュニケーション)

「自分も相手も大切」という考えに基づく、より良い人間関係づくりのための自己表現です。
自分の気持ち、考えを率直に表現することで、創造的かつ双方向のコミュニケーションの場をつくり出します。
相手を尊重しながら、自分の意見や考えを我慢することなく、Win-Winの関係構築ができ、コンセンサスを取るための会話表現が学べます。
ビジネスのどのような場面でも活用できます。

ダイバーシティ・コミュニケーション

脳科学的アプローチから、男女脳差による思考や感性の違いを知る講義です。                                                                      男性脳と女性脳では、構造の違いがあるため、同じものを見聞きしても感じることや考えることが異なります。                                                     その違いを理解し、建設的な問題解決や良好なコミュニケーションができるヒントをお伝えします。                                                                 違いを活かすことで、多様性のある職場づくりと人間関係の構築が可能になります。

インプロ(発想力強化)

インプロ(Improvisation)とは「セリフのない即興劇」のことで、自分や相手のアイデアを否定せず全て受け入れ、更に膨らましていくコミュニケーションゲームのことです。
ゲームを通してイマジネーションを広げ、子供の頃のような自由な発想力を甦らせます。
また、コミュニケーションの軸となる「受信(受け容れる)」と「発信(伝える)」をするために、相手へのフォーカスを高める力を養います。

チームビルディング・問題解決研修

チームの意思疎通やコンセンサスを取るための様々なゲーム感覚のワークを体験します。
「三本の矢」に表されるように、一人の知恵や思いは小さくても、チームで分かち合うことで実現可能性が広がります。
チームビルディングを行う際には、リーダーシップやファシリテーション力も求められます。
アサーティブコミュニケーションも有効かもしれません。
チーム一丸となって同じゴールを目指すため、意識の共有化が最大の効果となります。

TEL 000-0000-0000

PAGETOP
Copyright © SEEDS PRO All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.